新型コロナワクチンは、不妊や流産の原因にならない、ユニセフ

ワクチン健康

ユニセフに「COVID-19に対するワクチンは不妊を引き起こしません」という記事があった。原著1800字を1分で読めるように要約した。

広告

ウイルス感染による不妊の可能性が、誤解され伝わった!

COVID-19に対するワクチンが妊婦に有害な影響を与える可能性があるという主張に加えて、それが男性にも不妊を引き起こす可能性があるという誤った情報がメディアやソーシャルネットワークに登場しています。

「ワクチンは不妊を引き起こしません。この不正確な噂は、2人のドイツの疑似科学者によって開始され、インターネット上でさらに広まりました。

 

「ウイルス感染」と「ワクチン接種」を間違えるな!

モンテネグロの公衆衛生研究所は以前、コロナウイルス自体が不妊を引き起こす可能性があると述べました。

感染の主な症状として発熱のある患者のみを観察した場合、コロナウイルスに罹患した患者では運動精子の総数のみが統計的に有意に低かった」と公衆衛生研究所(IJZCG)は指摘している。

 

広告

ワクチン接種は、不妊にならないために推奨されている

分子生物学者で神経生物学者のミロス・バビッチ博士は出版物「ScienceinSerbia」の中で、

モンテネグロの公衆衛生研究所(IJZCG)の専門家は、ユニセフの記者への質問で、

 

「ウイルス感染は、男性の出産する障害につながる可能性があるということです。そのため、その影響を減らすためにワクチン接種が推奨される理由の1つです」と回答した。

 

ワクチンは出産に影響しないが、長期的に影響を与えることはできない。

モンテネグロ公衆衛生研究所のMarijaBožović博士は、

 

ファイザー社とモダーナ社の臨床研究では、妊娠したままの女性30名が参加し、ワクチンが出産に直接的な影響を与えていないことを示し、「COVID-19に対するワクチンは、長期的な影響を与えることはできないと説明している。

 

そもそもワクチンは感染症を根絶し、人類の進歩を可能にしてきた。

このワクチンは、臨床研究で人体に有害ではないことをが証明されています。

 

ネットの情報をすべて信じるな

ユニセフは、「インターネットで読んだすべてを信じず、共有する情報を慎重に選択し、その正確性を事前に確認することをお勧めします」と伝えている。

特定の情報が正しいかどうかわからない、またはわからない場合は、医師に相談してください。