千葉県多古町の多古米を購入、もっちりとした美味しいお米です。

多古米日記

こんにちは、回想記事(2010年7月18日の記事に追記)

 

今までのお米の美味しい産地といえば

まず、水が美味しいところが一番だと思っていたんです。

例えば、川の綺麗な新潟や東北、長野、最近は北海道というイメージだったんですが

この多古米を食べたらその考えが変わりました。

お米が美味しくなる要素は水だけじゃないんだと思いました。

だって、千葉の川は北信越や東北、北海道に比べれば綺麗とはいえない。

ということでお米について調べました。

広告

お米が美味しくなる要因

1.品種

2.産地(地形・土質・水質)

3.生産者(栽培法・肥料・農薬・諸管理)

4.気象条件(気温・日照・降雨)

5.収穫

6.乾燥・調整

7.貯蔵方法

8.精米加工

やはり、知ったかぶりはダメですね。

私がずーと思い込んでいた「美味しい水」は単なる1要素です。

つまり、他県に比べ決して美味しい水でなくても

土質がよく、生産者の技術があり品種がよければ美味しいお米ができる

ということです。

千葉県多古町の説明サイト

BAYFM を聞いていると多古米は千葉のブランド米

と宣伝しています。それは、本当に美味しいお米でした。

機会があれば食べてみてください。

ただ、千葉県の相場でも多古米はちょっと高いです。

育ち盛りのお子さんがいて、米の消費が激しい時は、ちょっと考えます。

おかずいらずの米だからと言って、米だけだと炭水化物だけになるし、

落ち着いた年齢になり、量より質が大事となったときは、ありですね。

ついでに、美味しいお米ランキングを調べてみた

広告

美味しいお米のランキング

1.魚沼産こしひかり(新潟)

2.ゆめぴりか(北海道)

3.つや姫(山形)

4.佐渡産こしひかり(新潟)

5.会津産こしひかり(福島)

6.ひとめぼれ(岩手)

7.ななつぼし(北海道)

8.あきたこまち(秋田)

9.こしひかり(福井)

10.ひとめぼれ(宮城)

 

特に、自分用に調べたので何か根拠があるわけでないので順位は気にしないでください。

ご自分が食べてて美味しいと思えば、それが一番ですから、昨今の流通の成熟により

スーパーやJAで買う値段と送料込みのネット価格が変わらなくなっている。

私は、全国のお米を取り寄せて食べ比べています。ふる里チョイスで注文するのも全てお米です。

美味しいお米を食べると幸せになりますね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。