広告

ゲリラ豪雨から身を守る、「御宿町の防災総合ガイドブック」の紹介

御宿町番外編

御宿町では、各種災害の特性や日ごろの備えなど、各家庭や地域で知っておいてほしいことをまとめた「防災総合ガイドブック」を作成した。とても分かりやすく有益な情報ばかりである。今回は、「ゲリラ豪雨から身を守る」を紹介します。

広告

御宿町の防災総合ガイドブック

「御宿町役場」で検索すると御宿町の公式ホームページが探すことができます。

御宿町の公式ホームページを開くと、上部にカテゴリが表示されています。

 

御宿

出典:御宿町公式ホームページ

 

「くらし・安心」をクリック

すると⬇︎のように選択できる項目がでてくるので、「▷防災・防犯」をクリック

 

御宿町

出典:御宿町公式ホームページ

 

すると、防災・防犯のところに26項目が表示されるので、「防災総合ガイドブック」をクリック

御宿町

出典:御宿町公式ホームページ

 

 

⬆︎の項目の中から「風水害対策」をクリックすると「ゲリラ豪雨から身を守りましょう」にたどり着きます。

 

広告

PDFの紹介

集中豪雨は、短時間のうちに狭い地域に集中して降る豪雨のことで、梅雨の終わりごろに よく起こります。

狭い地域に限られ突発的に降るため、その予測は現状困難です。気象情報 や起きている現象から危険レベルを判断し、行動することが重要になってきます。

集中豪雨の危険を知っておきましょう

短時間で危険な水位

河川、渓流、下水管、用水路な どは、激しい雨が降ることや周りから雨が流れ込むことで、数分か ら数十分で危険な状態となります。

 

 

注意報や警報が出ない、雨でも災害が発生する

大雨や洪水の警報・注意報の発表 基準に達していないわずかな雨でも、 災害が発生するおそれがあります。

 

下水の排水能力を超える大雨

下水道の雨水排水能力(1時間当 たり50ミリ)を大きく超える時間雨 量100ミリ以上の豪雨が頻発してい ます

 

離れた場所の雨でも影響する

自分のいる場所で強い雨が降って いなくても、上流で降った雨が流れ てきて、危険な状態になる場合があ ります。

 

危険は急激に迫ってくる

地下が危ない

  • 水が急激に地下に流れ込む

大雨や洪水が起きた場合、地下空間に短 時間で水が流れ込んできます。

  • 水圧でドアが開かない

浸水によってかかる水圧は想像以上に高 く、ドアが簡単には開かなくなります。

  • ビル全体が停電に

地下施設の浸水によっては、ビル全体が停 電になり、外部と連絡が取れなくなります。

 

乗り物が危ない

  • 激しい雨で前が見えなくなる

大雨時は、どれだけ車のワイパーを動かし ても、前が見えなくなってしまうことがあ ります。

  • 路面冠水の危険

路面冠水で車のエンジンが停止することが あります。空ぶかしをしてマフラーからの 浸水を防ぎましょう。

  • 車から出られなくなる

浸水中の車は、水圧でドアが開かなくなり ます。また、60~70センチまで浸水す ると車が浮き始めます

 

このような前兆を確認したら避難しましょう

  • 川の近くでは、まわりの空が真っ黒になったらすぐに避難する
  • 雷鳴や稲妻を確認したら建物内へ避難する
  • 冷たい風が吹き出したら注意する
  • 大粒の雨やひょうが降り出したら建物内へ避難する
  • 雨の日に周囲より低い位置にいる場合は、高い場所へ移動する
  • 川の近くでは警告のサイレン音がしたらすぐに避難する

 

ゲリラ豪雨による水害の特徴

ゲリラ豪雨による水害の特徴としては、「河川の氾濫」「急な増水」「低い土地が 水に浸かる」などがあります。

 

 

※全部を紹介することはできませんでした。気になった方は御宿町の公式ホームページに!