東日本大震災で病院も被害を受けた時の記憶、後世に残していこう。

東日本大震災番外編

こんにちは、回想記事(2011年3月11日の記事に追記)

 

東日本大震災といえば、2011年3月11日に発生しました。

 

広告

発生した時の状況

5階で患者さんを病棟まで送り、リハビリ室に戻ろうと廊下を歩いていたときでした。

一瞬、自分がめまいが起きたのかと思いましたが、カーテンが揺れ、いろんなところで「ガジャガジャ」と音が聞こえてきたので、地震だとすぐ気付きました。

尋常でない揺れ方と経験したことのない揺れの長さに、これはマズイと思いました。

今、自分のいる建物は新棟で耐震強度は問題ないですが、リハビリ室の棟は旧棟で耐震強度がありません。

急いで戻らないと、揺れの中走ることができないので壁を掴まりながら急ぎました。

エレベーターが停まった

まず心配したのが、エレベーターに閉じ込められていないかであり、確認したところ幸いにも誰もエレベーターには乗っていない状態でした。

歩けない患者がいた

歩けない患者さんがいないか?

次に心配しました。それは、3人いました車椅子で来ていたので、1人がリハビリ室に残った患者を見て、男性中心に車椅子を4人で階段を使い外へ出ました。

無事、車椅子で来ていた3人の患者を階段で降ろして、スタッフも全員外に出ました。

建物のガラスが割れ倒れそう

リハビリ室のある旧棟は4階建ですが、左右前後に揺れ外から見ても「グラグラ」に激しく揺れているのが分かる状態でした。

窓ガラスは割れて、いつ倒れてもおかしくない状態に感じました。

駐車場のコンクリートが凸凹に

地面もいろんな方向に揺れていたため駐車場のコンクリートが凸凹になり、足元を見て歩かないとつまづく状態になりました。

 

広告

地震後に起きたこと

停電

しばらくすると、外が暗くなってきて分かりましたが真っ暗になりました。

地域が停電になったからです。信号機まで点灯していない状態です。

病院は非常電源に切り替わり、最低限の明かりを確保できていました。

食糧不足

コンビニを始め、食糧や水分などが全くなくなる状態になりました。

流通も道路や橋の断裂のためストップしたため、すぐ食べれるものから、水など消えました。

ガソリンがなくなる

ガソリンスタンドからガソリンがなくなりました。

ガソリンスタンドに給油するトラックも来なくなり、完全にガソリンが消えました。

病院に泊まる

女性スタッフは最低限が残り、男性スタッフは全員病院に泊まることになりました。

リハビリスタッフは日頃の肉体労働で鍛えた体がありますから、いざと言うときは人力だけが頼りです。

食堂の人が帰る前におにぎりを1人2つ作っていただきました。

美味しかったです。

 

テレビで東北の被害の状況を知る

状況が落ち着き、テレビを外来の待合室で見た時に「唖然としました」。

何が起きているのか?映画なのか?現実を受け入れることができませんでした。

 

詳しくは、東日本大震災の記録が国土交通省のホームページにありましたので、リンクを貼ってあります。

東日本大震災の記録

東日本大震災の記録(PDF)

人の記憶は忘れるようになっている、しかし、経験した人は後世に伝えていく義務がある。

同じような悲しい思いをする人が少しでもいなくなるように、忘れずに伝えていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。