体を柔らかくするには、無理はダメ、まずは痛みの無い範囲の運動を

関節可動域練習運動

こんにちは、今回は体を柔らかくする方法を記事にします。

こちらの記事も関係するので読んでください。

 

人間の体には全部で68個の関節があります。その関節を動かして運動/動作

をしています。

特に高齢者の人は、無理することで悪化して後遺症となることが多いですから

決して無理してはいけません。

広告

体を運動で柔らかくする方法

ふだんのパフォーマンスを見直そう

硬くなったのを柔らかくすることだけを考えるのではなく、なんで硬くなったかを考えましょう。

根本を見直すことで改善することが多いです。

例えば

痛みを治すことばかり考えて、痛みが治っても、なんで痛みがでたかを知らないと

また痛みがでることになるからです。

動かし方のクセが悪い
日常での運動/動作が狭い

子供の動きを見ると分かりますが、無駄な動きが多いですよね。

常に動き回り、遊んだり、飛んだり、跳ねたり。

それが大人になると、効率よく動くようになります。仕事や家事で疲れるので

それが原因のことが少なく無いです。

少しずつ、違う動きを取り入れ、無駄に動かしましょう(大きく動かす)

効率よく動くということは

・動きをパターン化する

・最小範囲で動かす

姿勢が悪い

姿勢が悪くなり、変形すると一つ一つの関節が動かしにくくなります。

 

 

広告

治る硬さと治らない硬さの違い

治る硬さ

体を動かして少しでも、動くのであれば治る硬さです。毎日痛みのない範囲で動かしましょう。

治らない硬さ

体を動かして、全く動かないときは、関節が拘縮しています。治らない硬さです。

固まっているのに、無理して動かそうとするのは痛みを引き起こすため、オススメできません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。