広告

50歳から始める投資信託ポートフォリオ「聞いて分かる投資教育」紹介

投資チャンネルお金

チャンネル名:聞いて分かる投資教育に「50歳から始める投資信託ポートフォリオとシミュレーション」というコンテンツがあり、老後2,000万円問題をどう投資で解決するか様々なシミュレーションで解説しています。

広告

「聞いて分かる投資教室」チャンネルの紹介

YouTubeの概要をみると、

タザキさん

副業とサラリーマン投資を実践しています。

私は凡人サラリーマンですがこのチャンネルでは、

  • スモールビジネスや副業のネタ
  • 個人ができる投資の知恵
  • 書評や本の要約解説

などを更新しています。一人の「親」として子供や家族の生活を守るため、大人として経済的に自立するだけでなく、成功するために役立つ知識を、お届け致します。

と、⬆︎ のように書かれていました。

 

広告

50歳から始める投資信託ポートフォリオとシミュレーション

50歳の人が65歳までに老後2,000万円問題を投資で解決するには、、

シミュレーションは?

シミュレーションは

50〜65歳の15年間で運用、株式比率と債権比率を変えて、毎月の積立金額を調べた

 

目標とする金額は2,000万円

65歳のときに、老後2,000万円問題を解決するため、目標金額は2,000万円とした

 

データは

シミュレーションに必要なデータは、JPモルガン「60資産の期待リターン超長期予想」より引用しました。

モルガン

出典:聞いて分かる投資教室「50歳から始める投資信託ポートフォリオ」

 

 

株式と債権比率が最も重要

株式と債権比率について

年齢に応じた債権比率が良いと言われている。

例えば、20代→20%、30代→30%、、70代→70%

株式出典:聞いて分かる投資教室「50歳から始める投資信託ポートフォリオ」

 

名著:ウォール街のランダム・ウォーカー

バートン氏によれば、50代の人は債権比率を35〜25%にする

ランダム出典:聞いて分かる投資教室「50歳から始める投資信託ポートフォリオ」

 

名著:敗者のゲーム

チャーリー氏によれば、50代の人は債権比率を25〜15%にする

敗者出典:聞いて分かる投資教室「50歳から始める投資信託ポートフォリオ」

 

 

投資方法は、一括・積立?

株式50%、債権50%のポートフォリオ

元本0円であれば、毎月9.2万円の積立で2,010万円になる。

元本500万円であれば、毎月5.8万円の積立で1,996万円になる。

 

株式65%、債権35%のポートフォリオ

元本0円であれば、毎月8.9万円の積立で2,007万円になる。

元本500万円であれば、毎月5.5万円の積立で2,014万円になる。

 

株式80%、債権20%のポートフォリオ

元本0円であれば、毎月8.6万円の積立で2,001万円になる。

元本500万円であれば、毎月5.1万円の積立で2,007万円になる

 

表にしてまとめると

ポートフォリオ出典:聞いて分かる投資教室「50歳から始める投資信託ポートフォリオ」

 

どれが良いかは人それぞれですが、元本0で毎月の積立額を少なくしたいなら、リスクをとり株式比率を上げることになる。

ただ、タザキさんは

50歳〜65歳の15年間という短い期間でリスクをとって株式比率をあげても、そんなに毎月の積立金額に差がないため、株式比率を上げるメリットが薄いと指摘しています。

タザキ出典:聞いて分かる投資教室「50歳から始める投資信託ポートフォリオ」

 

まとめ

  • 50歳からの投資は、債権比率を高めた安全なポートフォリオが最適である。
  • 50代は老後の資金作り以外にも、子供の大学、結婚費用、親の介護など出費が多くなるので老後の見栄より本質的な価値を大切にすることも重要である。