自分の免疫力を高める基本は「栄養・睡眠・運動」のバランスです。

栄養と運動と睡眠のイラスト健康

こんにちは、病院で働いていて分かることですが、新型コロナウイルスの対応も同じですが、

結局は自分の免疫力です。

ケガであれば、自己治癒力です。

 

自分の免疫力を高めるために、基本は「栄養、睡眠、運動」ですが、その他にも

要因があります。

スポンサーリンク

自分の免疫力を高める要素

栄養

1日3食、規則正しいバランス良い食事をとりましょう。

疲れている時、発熱している時などはふだんより多くの摂取カロリーが必要です。

あと、水分が不足すると体に負担がかかります。水分をとりおしっこすることで

体の排泄物を出してくれます。血液も濾過してきれいにする効果もあります。

水分を意識してとりましょう。

睡眠

寝る時間、起きる時間を規則正しく一定にする。

夜眠くならない人は、起きた時太陽の光を浴びる「日光浴」すると体のリズムが整います。

朝、起きたら太陽の光を浴びるといいです。

運動

疲れるとかえって免疫力を下げてしまいます。疲れない範囲で行いましょう。

まじめな人ほど一生懸命に運動をしています。

血圧の高い人は、歩くときも一生懸命に頑張ってウォーキングしています。

そうすると、たくさんの酸素を体に取り入れるために、血圧や脈拍が高くなります。

家にいる時も、「これしなくちゃ」「あれしなくちゃ」と常に動き回っています。

そうです、常に血圧が高い状態を自分で作ってしまうのです。

人間に備わっている能力に「ホメオスタシス」恒常性 正常に保つことのできる能力が

あります。

ただ、常に血圧が高い状態にいると、その状態が基準となってしまうのです。

動くことは良いことですが、動いたら休みましょう。

あれ、高血圧の運動の説明になっていました。

最近、注目されているのが低負荷の運動効果です。疲れない運動、息が上がらない運動、

汗をかかない運動が実は効果がたくさんあるんです。

また、別の機会に説明いたします。

 

その他

ストレス解消

何がストレスかは人によって違います。私は、Webライターの勉強しているときが一番楽しく

ストレス発散になっていると思います。

ただ、好きでない人は休みの日にパソコンをずっといじってるなんて苦痛かも知れないですね。

よく笑う

本当に疲れているときや病んでいる時は、笑う余裕がありません。

無理して笑う必要はないです。赤ちゃんの表現が「笑う」「泣く」しかないように人間にとって

「笑う」「泣く」は原始的な表現でスッキリします。

「笑う」ができない人は「泣く」でストレス解消して、リラックスすれば良いです。

入浴

効果は、温泉の記事にも掲載しました。温泉に行ける状態でなければ温泉の素でも入れて

リラックスしてください。

休息時間を持つ

無理して休むことをしなくて良いですが、心と体は一体です。

どちらが疲れていても免疫力は低下します。

心と体は一体ということを忘れずに、睡眠時間以外でも休息時間を持ちましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

健康
スポンサーリンク
takayu05.comをフォローする
takayu05.com

コメント