ナイキ最速シューズ、他社も選手の使用許可、ズームXドラゴンフライ

ナイキ番外編

The Wall Street Journalに「ナイキ最速シューズ、他社も選手の使用許可」という記事があった、原著2000字を1分で読めるように要約する。

広告

他社もナイキシューズの着用を許可

ブランドと契約するアスリートは、競合のスパイクを着用すれば契約違反になり普通は着用が認められないが、アスリートにお金を払って自社シューズを宣伝してもらっているブランド各社が、競合製品を着用する許可を出している。

 

他社ブランドとは?

  •  リーボックとブルックスは、代表選考会で選手が他のブランドを着用することを認めている。
  • 「オン」は先ごろ同社初の陸上スパイクを開発したが、自社のランナーによる他社製品の使用に可能性を残している。

 

スーパースパイクを開発しているブランド

ナイキが先行しているが、アディダス、アシックス、ホカ、ニューバランス、プーマなどのブランドもそれぞれスーパースパイクを開発している。

 

広告

ナイキのスーパースパイクで世界記録

ナイキ

出典:nike.jp

 

ナイキのスーパースパイクは1年弱のうちに、男女の5000メートル走と1万メートル走で世界記録を樹立した。

オランダのシファン・ハッサン選手が1万メートルの世界記録を10秒も短縮し、その2日後にはエチオピアのレテセンベット・ギデイ選手が記録を5秒縮めた。

 

ナイキのスーパースパイク「ズームXドラゴンフライ」は少ない負荷で長時間軽快に速く走ることができると高く評価されている。

 

ナイキは、全てのアスリートのために尽くすことを常に重視していると言明。「アスリートが測定可能なパフォーマンス効果を実感していると聞いてうれしく思う」と述べた。