主要3指数レバレッジ比較|ダウ・NASDAQ100・S&P500

米国お金

米国主要3指数といえば、NYダウ・NASDAQ・S&P500であり、どの指数も右肩上がりのチャートであり、長期投資すれば高確率でリターンが期待できるといわれている。比較的に安定した推移で右肩上がりのためレバレッジを効かしたフォンドもとても人気が高い、どの指数のレバレッジファンドが投資効率が良いのか調べた。

広告

主要3指数のレバレッジ比較

1年チャートの比較(2021/8/17調査)

NYダウは3倍のレバレッジが効いているわりに2021年6月まではリスク少なく推移していたが、それ以降はリスクが高くなっている。
NASDAQ100やS&P500はチャートで重なって推移するところが多く、それほど変わらないが僅かではあるがNASDAQ100の方がリスクがあるように見える。
さすが米国の主要3指標であり、レバレッジを効かせているのに右肩上がりは継続している。

主要3指数

チャート

騰落率、シャープレシオ、信託報酬の比較(2021/8/17)

騰落率で比較すると、NYダウが3倍のレバレッジが効いているので最も上騰している。
シャープレシオで比較すると、S&P500が最も高く投資効率が良いといえる、銘柄数が500社と最も多いため分散効果によるものと考えられる。
レバレッジファンドといえばレバレッジNASDAQ100が最も人気があり、投資信託ランキングでベスト4位に入るほである(主要3指数で唯一のベスト10入り)。
コロナショック後ではグロース株が流行り、ワクチン接種が開始されるとバリュー株へ流行が変わったが、結局主要3指数は上騰を継続している。
NYダウは米国というより世界の企業に成長しているため、銘柄は少ないが世界に分散投資しているのと同じというアナリストもいる。
NASDAQ100やS&P500の企業も世界の企業に成長している企業が多いため、主要3指数は優劣つけ難い、レバレッジが効いているのでリスクを軽減するために少額の積立投資が投資方法としては最適だろう。

騰落率

NASDAQ100S&P500NYダウ
1週間-0.60%1.83%4.10%
1ヶ月4.43%4.96%4.32%
6ヶ月17.19%28.26%42.21%
1年72.49%72.53%98.58%

シャープレシオ

 NASDAQ100S&P500NYダウ
シャープレシオ1年2.292.852.46

信託報酬

 NASDAQ100S&P500NYダウ
信託報酬(税込)/年0.99%099%1.1%
広告

まとめ

  • 米国の主要3指標であるNYダウ・NASDAQ・S&P500のレバレッジファンドを比較した。
  • 設定から日数が浅いため1年の騰落率での比較になるが、リターンの最も高いのはNYダウ(3倍のレバレッジ)であった。
  • シャープレシオでみると、最も投資効率が良いのはS&P500であった。