低栄養状態時における運動療法の進め方

高齢者の運動医療
広告

運動療法も進め方のポイント

身体的評価:握力測定、体重測定、ADL、連続歩行距離

栄養障害の段階によって、理学療法の組み立て方を変える。

栄養状態と運動の組み立て

栄養障害の段階によって、身体機能低下がどのような状態かイメージして行う。

身体機能低下と運動療法

栄養障害の段階によって理学療法の目的と運動強度、ポイントを変える

高度栄養障害(ALB2.0未満)

高度栄養障害と運動

中等度栄養障害(ALB2.0-2.7)

中等度栄養障害と運動

軽度栄養障害(ALB2.8-3.5)

軽度栄養障害と運動