METS(メッツ)と消費カロリーの計算方法、厚生労働省の健康づくり

万歩計医療

 

 厚生労働省は、「健康づくりのための身体活動基準2013」で身体活動量を増加することで、糖尿病,循環器疾患,がん,ロコモティブシンドローム,認知症のリスクを低減できるとしました。

 18〜65歳で健診結果が基準範囲内の方は、運動強度が3METs以上の身体活動を1週間に23METs行うことを提唱しています。

 METs(メッツ)は身体活動の強度を表す単位で、安静時(横になったり、座って楽にしている状態)を「1」とした時の何倍に当たるかを示す単位のことを言います。簡単ですので覚えて健康づくりに役立ててください。

 

 

スポンサーリンク

「METS」の計算方法

METS(メッツ)とは

メッツとは運動や身体活動の強度の単位です。
安静時(横になったり座って楽にしている状態)を1とした時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示します。

METSの表(身体活動)

運動消費エネルギー

 

3メッツ以上の運動

METSの表(生活活動)

3メッツ以上の生活活動

 

3メッツ未満の生活活動

出典:厚生労働省

 

METSの計算方法

 

 METs・時 = METs × 運動時間(h)

例) 散歩=3METsの運動を1時間行う
3(METs) × 1(時間) = 3(METs)

例) 散歩=3METsの運動を30分行う、(30分=0.5時間)
3(METs) × 0.5(時間) = 1.5(METs)

 

スポンサーリンク

消費カロリーの計算方法

METsを用いることで消費カロリーを計算できます。

消費カロリー(kcal) = METs × 時間 × 体重(kg)

例) 散歩=3METsの運動を体重60kgの人が1時間行う
3(METs) × 1(時間) × 60(kg) = 180(kcal)

スポンサーリンク

厚生労働省「健康づくりのための身体活動基準」

厚生労働省は、身体活動量の増加で ⬇︎ リスクを低減できるものとしました。

  • 糖尿病
  • 循環器疾患
  • がん
  • ロコモティブシンドローム
  • 認知症

厚生労働省:個人の健康づくりのための身体活動基準(18〜64歳)

身体活動量の基準(日常生活で体を動かす量の考え方)

運動強度が3METs以上の身体活動を1週間に23METs・時行う。

具体的には、歩行又はそれと同等以上の強度の身体活動を毎日60分行う。

運動量の基準(スポーツや体力づくり運動で体を動かす量の考え方)

運動強度が3METs以上の運動を1週間に4METs・時行う。

具体的には、気が弾み、汗をかく程度の運動を毎週60分行う。

厚生労働省:個人の健康づくりのための身体活動基準(65歳以上)

身体活動

運動強度を問わず、身体活動を1週間に10METs・時行う。

具体的には、身体活動を毎日40分行う。

健康づくり2013出典:健康づくりのための身体活動基準2013(厚生労働省)

健康づくりのための身体活動指針・アクティブガイド(厚生労働省)

いつでもどこでも

健康のための10分

出典:健康づくりのための身体活動指針(厚生労働省)

 

 

医療
スポンサーリンク
takayu05.comをフォローする
takayu05.com

コメント