メタボリックシンドロームの予防と治療、内臓脂肪は減らせる

肥満医療

 メタボリックシンドロームは、40〜74歳について男性の2人に1人、女性の5人に1人が強く疑われている。内臓脂肪が高血圧や糖尿病、脂質異常症、動脈硬化をひきおこしやすくし、進行すると心臓病や脳卒中のリスクが高まることが分かっている。内臓脂肪を減らすことは食事と運動で可能です。

メタボリック出典:厚生労働省

広告

メタボリックシンドロームとは

 ウエスト周囲径(おへその高さの腹囲)が男性85cm・女性90cm以上で、かつ血圧・血糖・脂質の3つのうち2つ以上が基準値から外れると、「メタボリックシンドローム」と診断されます。

 

メタボリックシンドローム

出典:厚生労働省

 

広告

メタボリックシンドロームの予防が脳卒中や心疾患の予防のカギ

 メタボリックシンドロームになると、たまった内臓脂肪から脂質がたくさん放出されます。その結果、中性脂肪の増加や善玉のHDLコレステロールの減少をまねき、動脈硬化が進行します。

 さらに脂質と糖質の代謝をコントロールしているアディポサイトカインの分泌異常も起こし、これがインスリンの働きを悪くするので、糖尿病や動脈硬化を進める原因にもなるのです。

メタボリックシンドロームを標的とした対策が 有効と考えられる3つの根拠

第1の根拠  : 肥満者の多くが複数の 危険因子を併せ持っている

第1の根拠

出典:厚生労働省

 

第2の根拠 :  危険因子が重なるほど 脳卒中、心疾患を発症 する危険が増大する

第2の根拠

出典:厚生労働省

 

第3の根拠 :  生活習慣を変え、内臓脂肪 を減らすことで危険因子の すべてが改善

第3の根拠

出典:厚生労働省

 

内臓脂肪を減少させることで、高血糖、高血圧、脂質異常がともに改善する。

生活習慣病の出現順序’

 

内臓脂肪がたまり過ぎるとアディポサイトカインの分泌異常が起きる

内臓脂肪がたまるとアディポサイトカインという物質の分泌異常をおこします。

アディポサイトカインには、レプチン・アディポネクチン・TNFα・PAI-1・アンジオテンシノーゲンなどがあります。

  • レプチン:食欲を抑える働きをしていて、たくわえている脂肪が増加すると分泌が高まって食欲を低下させ、肥満を防いでいます。
    しかし脂肪がたまりすぎると、レプチンの分泌が過剰になっても満腹中枢が適切に反応しない状態となります。これをレプチン抵抗性といいます。そのためにさらに食べ過ぎ、太りすぎになっていくのです。
  • アディポネクチン:傷ついた血管壁を修復する働きをしていて動脈硬化を予防するほか、インスリンの働きを高める作用、血圧を低下させる作用などがあります。内臓脂肪が増えると、アディポネクチンの分泌が減少し、動脈硬化を防ぐ働きが低下しますし、インスリン抵抗性の状態を引きおこし、血糖を上昇させます。
  • TNFα(ティエヌエフアルファ):インスリンの働きを妨げる作用があります。内臓脂肪が増えると分泌が高まり、インスリン抵抗性をもたらし、糖尿病を引き起こしたり悪化させる一因になります。
  • PAI-1(パイワン):内臓脂肪の増加とともに分泌が高まり、血栓ができるとそれを融解させるプラスミンの働きを妨げ、血栓を大きくし、血流をさえぎる状態をつくります。メタボリックシンドロームでは、脂質異常症・高血圧・糖尿病があって動脈硬化が進行しますので、そこに血栓のできやすい状態が加われば、心筋梗塞や脳梗塞の危険が高まります。
  • アンジオテンシノーゲン:血圧を上昇させる作用のアンジオテンシンの分泌を高めます。内臓脂肪がたまると分泌が増加して、血圧を上昇させ、高血圧を招く一因となります。

 

サイトカイン出典:厚生労働省

遊離体出典:厚生労働省

 

脂肪遊離出典:厚生労働省

 

このようにメタボリックシンドロームによって起こるアディポサイトカインの分泌異常は、糖尿病を引き起こしたり悪化させたりし、また高血圧を助長するのみならず、直接的に動脈硬化の進行を促進するため、心臓病や脳卒中の危険を高めるのです。

 

メタボリックシンドロームの治療

食事

摂取カロリーを減らす には食べる量を減らせば よいのですが、栄養素をしっかりとることは重要です。

栄養素をしっかりとりながら、内臓脂肪を減らすことは、「バランスよく摂取カロリーを減らす」 ことが食事療法のポイントです。

農林水産省

出典:農林水産省(食事バランスガイド)

 

 

1日に必要なエネルギー量の目安

   一日に必要なエネルギー量から、5つの料理グループ(主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物)ごとに、一日に「どれだけ」食べたらよいかの量「つ(SV)」の数が決まります。

活動量の少ない成人女性の場合は、1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度が目安です。

 一日に「何を」「どれだけ」食べたらよいのか。それは、以下の表から簡単にわかります。
まずは、ご自分にあったコマの大きさ(適量)を考えましょう。

 

農林水産省

出典:農林水産省(食事バランスガイド)

 

運動・リハビリテーション

1日の中で運動時間を毎日作るのは大変なことです。

運動と生活活動を合わせたものが身体活動です。1日の身体活動を増やすには、運動だけでなく生活活動を増やすことが重要です。

たとえば、駅まで車で移動していたのを徒歩に変えるだけでも生活活動は増えます。

運動としては、有酸素運動とレジスタンス運動(筋力トレーニング)がありますが、どちらも取り入れることが効果的です。

  • 有酸素運動 : 酸素をからだのなかに取り入れながら行う 運動のこと 水泳やウオ キングなどが 筋力トレーニング 運動のこと。水泳やウオーキングなどが これにあたり、 内臓脂肪を より燃焼させる効果があります。
  • 無酸素運動: 筋肉量と筋力を増やす 効果があります。筋肉量の増加は 基礎代謝量を増やし、 太りにくい体質をつくります。

 

ーーーー 関連記事 ーーーー

高血圧の予防と治療、まちがった運動は危険、適切な運動とは
 高血圧は喫煙と並んで日本人にとって最大の生活習慣病リスクです。高血圧の最大の原因は食塩の取り過ぎです。若年・中年の男性では、肥満が原因の高血圧も増えています。減塩した食事、肥満を改善する食事・運動療法が重要です。

 

散歩の効果を高めるのなら、NHKが紹介「早歩き」を
 厚生労働省「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」では、「1日60分、元気に体を動かすこと」を奨励しています。ふだんから元気に体を動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモ、うつ、認知症などのリスクが下がります。1日60分は連続した時間でなくても大丈夫です、まずは散歩、さらに効果を求めるのなら「早歩き」を始めましょう。

 

糖尿病の予防と治療、そして運動療法をイラストで
イラストを多くして3分で読める内容にしました。糖尿病は、病気そのものより合併症(網膜症・腎症・神経障害など)が問題です。診断された人も予備軍の人も合併症にならないように、食後の高血糖を予防する対策をしましょう。

 

METS(メッツ)と消費カロリーの計算方法、厚生労働省の健康づくり
METS(メッツ)と消費カロリーの計算方法を解説します。厚生労働省は健康づくりとして、3METs以上の身体活動を1週間に23METs行うことを提唱しています。身体活動量を増やすことで糖尿病、循環器疾患、がん、ロコモティブシンドローム、認知症のリスクを低減できるとしました。簡単ですので覚えて健康づくりに役立てて下さい。