マスクなしで初めて見る顔「想像と違う」のはなぜ

マスク番外編

The Wall Street Journalに『マスクなしで初めて見る顔「想像と違う」のはなぜ』という記事があった、原著2070字を1分で読めるように要約

 

 

スポンサーリンク

米国ではマスク着用義務が解除に

米疾病対策センター(CDC)は5月13日、新型コロナワクチンの接種が完了した人を対象に、基本的にマスク着用義務を解除する指針を発表した。

CDCはワクチン接種が完了していない人には、引き続きマスク着用を求めている。

 

スポンサーリンク

「想像とは違う」のはなぜ

テキサス大学ダラス校の認知科学者、アリス・オトゥール氏は「半年一緒に働いていても、顔の下半分を見たことがなければ、下半分を見たときに認識能力は混乱する」と話す。

初めてマスクなしの顔を見て驚くこともある。同僚の顔がどんな顔か想像しても、想像が大きく外れることはよくある。

「突然顔が見えると、反射的に『想像と違う』と思う」。

想像していた顔との違いに驚く理由について、認知科学者のオトゥール氏は、フィクションを読んでいて、登場人物の外見を想像するのと同じように、脳には、見えない顔の部分を補う傾向があるためだろうと話した。

人は「欠けているもの」を頭の中で描いているとオトゥール氏は言う。

 

※日本でもマスク着用が当たり前になっているため、他人の顔全部を見ることが少ない。今後ワクチン接種が完了し米国のようにマスク着用義務が解除になれば「え、想像と違う」という混乱が起きるだろう。まぁ、大した混乱ではないが、、、、

番外編
スポンサーリンク
takayu05.comをフォローする
takayu05.com

コメント