iDeCoしないと損する|誰でも簡単にシミュレーションできる5選

イデコお金

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度で、加入は任意ですが、 3つの税制優遇メリットを受けられるためiDeCoをしないのは損です。

広告

3つの税制優遇メリット

 掛金が全額所得控除される

確定拠出年金の掛金は、全額「小規模企業共済等掛金控除」の対象となり、課税所得額から差し引かれることで所得税・住民税が軽減されます。

確定拠出年金制度内での運用益が非課税で再投資される

金融商品の運用益は課税(源泉分離課税20.315%)対象となりますが、確定拠出年金内の運用商品の運用益については、非課税で再投資されます。

受給時に所得控除を受けられます。

受給年齢に到達して確定拠出年金を一時金で受給する場合は「退職所得控除」、年金で受給する場合は「公的年金等控除」の対象となります。

 

広告

S&P500の運用実績

S&P500の30年チャート(1991年8月3日〜2021/8/3)

30年チャート

S&P500の年平均リターン

年平均リターンは、30年チャートを見て分かるように、どの期間で区切って計算するかで変わります。

過去5年:年平均11.52%
過去10年:年平均6.98%
過去20年:年平均7.94%
過去30年:年平均9.89%
過去50年:年平均9.73%
シミュレーションの数値として、最小値6.98%にするか最大値11.52%にするかは個人の判断ですが、長期投資シミュレーションの数値であれば年平均リターン9%が妥当だと思います。

イデコ(iDeCo)シミュレーション

シミュレーションおすすめサイト5選

iDeCoに加入した場合の所得控除による税控除額のシミュレーションだけ調べたい人は「iDeCo公式サイト」が便利です。
他の4サイトは、税控除額と投資による運用益のシミュレーションを調べることができます。

シミュレーション結果

モデルケースは、厚生労働省の賃金構造基本統計調査(令和2年)だと平均年収は459万8000円なので

条件
年収:460万円
リターン:9%(S&P500の年平均リターン)
運用期間:30年
毎月の掛金:12,000円
結果
投資額:432万円
運用益:1,610万円
総額:2,042万円
イデコ出典:iDeCo加入者診断&節税シミュレーション|モーニングスター
節税メリット
年間控除額:29.100円
30年間の控除合計:873,000円

イデコ

出典:iDeCo加入者診断&節税シミュレーション|モーニングスター

受け取るときも税制優遇措置
・一時金として受け取るときは:退職所得控除
・年金として受け取るときは:公的年金等控除
を選択できます。

まとめ

  • iDeCoに、日本の平均年収の人が毎月12,000円の掛金をS&P500インデックスに30年間積立投資すると総額2,042万円になる。
  • iDeCoに、毎月12,000円の掛金で積立すると年間29,000円が所得控除される、また30年間の所得控除合計は873,000円となる。
  • 受け取るときも税制優遇措置があり、「一時金として受け取る」と「年金として受け取る」を選択でき、それぞれ控除される。