FRBが米雇用統計に動じないわけ

アメリカ労働者番外編

 

 

The Wall Street Journalに「FRBが米雇用統計に動じないわけ」という記事があった、原著1500字を1分で読めるように要約

 

 

 昨夜(4日)米労働省が発表した5月の雇用統計は、非農業部門の就業者数(季節調整済み)が前月比55万9000人増加したが、市場予想67万1000人増には届かず、やや失望を持って受け止められた。

スポンサーリンク

市場予想に届かなかった原因と対策

4月の統計に続く下振れで、企業が人材の確保に苦慮している状況が改めて浮き彫りとなった。

子供の預け先の確保が困難

新型コロナウイルス感染への根強い懸念で子供を安心して預かることができない。

 

失業保険の特別加算延長

失業保険の特別加算延長により、手厚い失業保険のため賃金の低い職種の魅力が低下したこと、パンデミック(世界的な大流行)に伴う仕事の価値に関する考えの変化。

 

労働者を確保するための対策

雇用主がこれに対抗するには、とりわけ賃上げなどを通じて、勤労意欲をそそる動機づけを強める必要がある。

雇用統計によると、時間当たり平均賃金は前月比0.5%増と、市場予想の0.2%増を上回る伸びとなった。

 

スポンサーリンク

FRBが米雇用統計に動じないわけ

米雇用はコロナ禍以前の水準に達していない

5月の米雇用はコロナ禍以前の水準をなお760万人下回ったままだ。人口の伸びを調整したベースでは、その落ち込み幅は900万人にまで拡大する。

FRBの責務では、米経済を完全雇用の状態に回帰させる必要がある。

 

労働者が職場に復帰しやすくなると予測している

失業保険の特別加算も9月には打ち止め

コロナワクチン接種の普及や感染者の減少

 

FRB方向性は変わらない

今後の方向性としては、今夏のいずれかの時点で、資産買い入れ縮小に関する議論に着手し、その後しばらくしてから、数カ月かけて資産購入額をゼロまで減らすシナリオは変わらない。

FRBの責務である、米経済を完全雇用の状態に回帰させるというゴールが予想外に急ピッチで達成することがないと限りFRBの方向性は変わらない。

番外編
スポンサーリンク
takayu05.comをフォローする
takayu05.com

コメント