形態測定の種類と方法、一般人向けに紹介します。

形態測定医療

こんにちは

医療・介護・福祉の現場で行っている検査「形態測定」について紹介します。

形態測定は、身体測定とも言われています。

 

スポンサーリンク

目的

形態測定は、その人の身体の特徴、および手足の左右差を比較して検討します。

その目的は

1.身体の栄養状態、手足の左右差を比較することで異常を発見する。

2.形態測定を行い、数値化することで治療効果の判定ができる。

スポンサーリンク

身長・体重の測定

身長

肥満判定や栄養状態の判定のために必要である。

小児では発育状態を見るために必須な検査であるが、それ以外の世代では身長を単独で比較することは少ない。

単位はcmで表示する。

午前10:00ごろ測定するのが良い。

体重

肥満判定や栄養状態の判定のために必要である。

小児では発育状態を見るために必須な検査であるが、それ以外の世代では体重を単独で比較することは少ない。身長と体重で判定する。

単位はkgで表示する。

午前10:00ごろ測定するのが良い。

 

スポンサーリンク

体格指数

体格指数は、身長と体重から算出される。

BMI(body mass index)の計算式

BMI=体重(kg)/ 身長(m)2 

 

適正体重の計算式

適正体重=(身長m)✖️ 22

肥満判定

日本肥満学会の判定基準
BMI値判定
18.5未満低体重(痩せ型)
18.5〜25未満普通体重
25〜30未満肥満(1度)
30〜35未満肥満(2度)
35〜40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)

 

世界保健機関(WHO)の判定基準
BMI値判定
16痩せすぎ
16.00〜16.99以下痩せ
17.00〜18.49以下痩せぎみ
18.50〜24.99以下普通体重
25.00〜29.99以下前肥満
30.00〜34.99以下肥満(1度)
35.00〜39.99以下肥満(2度)
40.00以上肥満(3度)

 

スポンサーリンク

四肢の長さと太さの測定

チェックポイント

1.左右の長さや太さの比較

2.関節の変形、腫れがあるか?

単位はcmで表示する。

 

四肢長の種類

種類測定方法
上肢長肩から手くびまでの長さを測る
上腕長肩から肘までの長さを測る
前腕長肘から手首までの長さを測る
下肢長骨盤あるいは大転子から足くびまでの長さを測る
大腿長大転子から足くびまでの長さを測る
下腿長膝から足くびまでの長さを測る

 

四肢周径の種類

種類測定方法
上腕周径上腕の中央で最も太い部位を測る
前腕周径前腕の最も太い部位を測る
大腿周径大腿の中央、膝上、膝上10cmの3点を測る
下腿周径下腿の最も太い部位を測る

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

医療
スポンサーリンク
takayu05.comをフォローする
takayu05.com

コメント