三菱UFJ国際投信「eMAXIS Neo」が下落、何が原因か?

neoシリーズお金

2月まで好調だった、三菱UFJ国際投信「eMAXIS Neo」シリーズの下落が止まらない。何が原因か分析して見た。

広告

eMAXIS Neoバーチャルリアリティ暴落

 

バーチャルリアリティ

 

出典:SBI 証券

 

基準価格

 

出典:SBI 証券

 

2月までは圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた「eMAXIS Neo」シリーズのバーチャルリアリティだが暴落している。3ヶ月の騰落率をみると-19.6%となっている。

これはバーチャルリアリティだけのことではない、次にテーマと3ヶ月の騰落率をまとまる

バーチャルリアリティ  →  -19.6%

ナノテクノロジー    →       -13.72%

ドローン        →      -20.13%

自動運転        →       -11.96%

遺伝子工学       →       -24.42%

 

2月までSBI証券の騰落率ランキングで常に上位に位置していた「eMAXIS Neo」シリーズであるが、いったい何が原因で下落したのか私の分析を説明します。

 

広告

「eMAXIS Neo」シリーズ暴落の原因

次の2つのチャートを比べてみてください。

バーチャルリアリティ

SOXL

出典:SBI 証券

 

上のチャートは、「eMAXIS Neo」シリーズのバーチャルリアリティです。

下のチャートは、SOXLという半導体のETFです。

「eMAXIS Neo」シリーズは、未来をつくる魅力的なテーマで、最新のテクノロジーを活用しAIによって組み入れ銘柄が決定される、、、、を魅力にしていたハズだが

それが半導体のETFのチャートとピッタリ一致している。

では、AIが選択した組み入れ銘柄をチェックしてみると、、、、

 

バーチャル

出典:三菱UFJ国際投信

半導体が10銘柄のうち4銘柄も占めていた。

未来をつくるどのテーマにも半導体は必須であり、最新のテクノロジーを活用したAIが組入銘柄に半導体を選択するのは理解できるが、それぞれ別々の未来をつくるテーマに投資したはずなのに

 

どのテーマも基準価格の推移は半導体の騰落しだいということになります。

だったら、別々のテーマに分散しても、結局のところ半導体のETFを購入するのと同じになりますね。

最新のテクノロジーを活用したAIが各テーマごとに銘柄を選択するというフレーズに期待して、また、驚異のパフォーマンスに感動していたのでちょっと残念な気持ちになりました。

 

ただ、世界的に半導体が需要に供給が追いつくようになれば半導体ETFの上昇、未来テーマ投資信託の上昇、NASDAQ100の上昇になることが期待できます。