【老後の資金づくり】iDeCo( イデコ)とNISA(ニーサ)

地球お金

老後の年金だけでは足りない、老後のために資金づくりする制度としてiDeCoとNISAがあります。既に投資している人はご存知ですが、これから投資を考えている人は違いが分からないと思います。ここでは、イデコとNISAの違いを説明します。

広告

iDeCoと積み立てNISAの違い

iDeCoも積立NISAも運用する際に税制優遇されているところは共通するが、税制優遇のされ方に違いがある。
税制優遇の違いを表にしました。
iDeCo積立NISA
運用期間60歳まで最長20年
途中引き出し✖️
年間投資額14.4万円(自営業:81.6万)40万円
税制優遇控除+非課税非課税

iDeCoの特徴

・運用益が非課税になるところは共通しているが、年金の扱いになるため年末に控除される
・運用を始めると途中で資金を引き出すことはできない
・年間投資額がサラリーマンの人は少ない

積立NISAの特徴

・年間投資額がiDeCoより多い
積立NISAはいつでも売却できるが、一旦売ってしまうと、非課税の運用期間が残っていても優遇はそこで終了となる

おすすめな運用方法

  • iDeCoの年末控除は大きく、長く運用すればするほど税制優遇メリットを受けられるため、まずはiDeCoから始めるのがコスパ良い。
  • iDeCoに投資しても余裕がある人は、積立NISAを余剰資金で行う。
  • どちらにしても途中で辞めるとせっかくの税制優遇を受けることができなくなるので、長い目で続けられる余剰資金で行うのが良いと思います。
広告

積立NISAと一般NISAの違い

NISAには、積立NISAと一般NISAがあります。
これから始める人で、投資初心者の人は積立NISAで資産形成する方が確実性があります。
積立NISA一般NISA
投資方法積み立て方式スポット購入•積み立て方式
年間投資上限40万円120万円
非課税で保有できる期間20年5年
積立NISAの特徴
・保有できる期間が20年と長い、投資は期間が長いほど複利の効果がある
・年間投資上限が一般NISAに比べ少ない
一般NISAの特徴
・年間投資上限が積立NISAと比べ多い
・保有できる期間が短い、投資には不利
・スポット購入で個別銘柄を購入することもできる、また、積立方式も選択できる

初心者の人は、確実性のある選択を!

注意すること

  • 特にiDeCoですが、取扱う金融機関によって手数料が変わります。手数料は安い方が良いので、迷ったときは手数料が安い方を選びましょう。
  • 途中で投資する銘柄を変える手続きは大変です、また、ちょくちょく銘柄を変えると複利効果が少なくなります。
  • 最初にどんな銘柄を選ぶかが重要です
  • 途中解約が難しい、税制優遇が受けれなくなるため長く続けられる余剰資金で運用しましょう

全世界株式・全米株式・S&P500を!

全世界株式・全米株式・S&P500インデックスは50年の平均リターンが7〜9%といわれています。
どちらも優劣付け難いとても人気のファンドです。
迷っているなら、この3つのどれかを選択するのがおすすめです。
地域に分散投資を考えているのなら、、全世界株式
米国株式まるごとに投資したいなら、、全米株式
米国の中・大型企業500社に絞るなら、、S &P500