健康

スポンサーリンク
健康

1日8000歩で死亡リスクが半減、歩行速度は影響しない

1日の歩数が多い人ほど死亡リスクが低いことが、40歳以上の米国人を対象とする観察研究で明らかになりました。1日4000歩の場合と比べ、6000歩歩く人では死亡リスクは低下し、8000歩ではほぼ半減していました。一方で、歩く速さは死亡リスクに影響しないことも示されました。
健康

高齢者の健康づくり、厚労省の医療・介護データに基づいた知見

地方自治体における医療・介護情報のデータは、最終的には厚生労働省に集約され保健事業や介護事業を進めるために活用される。そのデータから分かることを、高齢者の健康づくり・介護予防の視点で解説する。
健康

子どもの食育、農林水産省の食事バランスガイドを解説

子どもは、背が伸びたり、体重が増えたりと、成長する大事な時期。しっかりした身体をつくりのためには、毎日の食事がとても大切です。食事バランスガイドを参考にして、「朝・昼・夕の食事」と「おやつ」をしっかりとりましょう。
健康

がん予防、がんリスクを半減する5つの習慣、特に重要な2つ

 国立がん研究センターは5つの健康習慣を実践する人は、男性で43%、女性で37%「がん」になるリスクが低くなると報告し、厚生労働省は「がん」の危険因子のうち特に重要なものは喫煙と食事等であると報告しています。
健康

千葉ニュータウンの白井市、しろい散策マップで健康づくり

千葉ニュータウンに白井市があり、MUFG住みよさランキングで千葉県内11位です。白井市でも市内全地区を巡る散策マップがあります。地区やテーマごとに文化財を中心に散策する18コースがあります(2訂版は20コース)。健康づくりをしながら白井市の魅力を知るウオーキングができます。
健康

散歩の効果を高めるのなら、NHKが紹介「早歩き」を

 厚生労働省「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」では、「1日60分、元気に体を動かすこと」を奨励しています。ふだんから元気に体を動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、ロコモ、うつ、認知症などのリスクが下がります。1日60分は連続した時間でなくても大丈夫です、まずは散歩、さらに効果を求めるのなら「早歩き」を始めましょう。
健康

健康寿命を伸ばす、フレイル予防は、社会参加、食・口腔機能、運動

健康寿命を伸ばすのはフレイル予防するのと対策は同じです。高齢者になると就労で社会と関わる機会が少なくなるため、家に閉じこもることが多くなります。そこからフレイルが始まり健康寿命を伸ばすことができません。食や運動が健康な身体づくりに重要なのは当然です。コロナ禍ではありますが社会との関わりを意識した生活を過ごしましょう。
健康

献血のメリット、献血検査で分かること、コロナ 禍で血液が不足

献血のメリット、献血検査で分かること、コロナ 禍で血液が不足しています。献血にはメリットがたくさんあります。また、血液センターは感染対策できているので献血に行きましょう。
健康

太っている人のは悪いこと?実は、高齢者は太っている方が長生きです

太っている人のは悪いことなんですか?高齢者はやせているより太っている方が長生きしています。体格に拘りすぎないでください。大事なのは健康であるかどうかを判断していくことです。あまりに世の中の固定観念が太る=不健康になっているため、自分が健康なのかどうか判断できなくなっています。
健康

サーフィン用サングラスの紹介、あなたは目の日焼け対策しています?

サーフィン用サングラスの紹介、あなたは目の日焼け対策しています?海の日焼けは太陽からの直接的な影響と海からの反射による間接的影響を受けます。皮膚はウエットスーツや日焼け止めを塗ることで対処できますが、目はどうすれば守れるでしょうか?サーフィン用サングラスについて説明します。
スポンサーリンク