3学会合同呼吸療法認定士に合格するためのコツを説明します。

呼吸が苦しい人医療

こんにちは 呼吸療法認定士の更新のための講習会の通知が届きました。

何回目の更新になったか記憶はさだかではないが、これをきっかけにテーマとしました。

 

スポンサーリンク

呼吸療法認定士とは

呼吸療法認定士とは「特定非営利活動法人日本胸部外科学会」「一般社団法人日本呼吸器学会」「公益社団法人日本麻酔科学会」が合同で創設した認定資格です。

3学会が共同で呼吸管理を行える人材の質の向上を目的として、認定資格ができました。

呼吸療法認定士の主な役割は、呼吸理学療法や吸入療法、酸素療法などの呼吸療法の的確な実施と、その機器の管理です。

しかし、国家資格でなく認知資格なので理学療法士であれば理学療法士ができることの業務範囲で行う必要があります。

そのため単独で活動することより他職種で作る呼吸チームの中で中心的な役割を果たすことが多いです。

 

スポンサーリンク

呼吸療法認定士になるための条件

呼吸療法認定士になるためには、2つの条件を満たしたうえで認定講習会を受講し資格試験を受けて合格する必要があります。

2つの条件について

呼吸療法認定士の資格を取得するには、認定講習会を受講する必要があります。この認定講習会を受講するには、条件があります。

条件1:必要な資格と経験年数

・臨床工学技士:実務経験2年以上
・正看護師:実務経験2年以上
・准看護師:実務経験3年以上
・理学療法士:実務経験2年以上
・作業療法士:実務経験2年以上

条件2:学会や講習会への出席

学会や講習会などに出席し、12.5点以上を取得している

 

スポンサーリンク

呼吸療法認定士のメリット

呼吸器リハビリテーション料の施設基準となっている

呼吸器リハビリテーションの施設基準には、経験を有する専従の常勤理学療法士1名を含む常勤理学療法士又は常勤作業療法士が合わせて2名以上勤務していること。とあります。

ここでいう経験を有するとは、呼吸療法認定士の資格を持つという意味です。

つまり、呼吸器リハビリテーション料を算定するためには必須な人材ということになります。

もし転職するなら、認定資格ではありますが有利になるのは間違い無いです。

ただ、呼吸療法認定士に合格して取得したら給料が上がったという話は聞いたことはないです。

一方、期待され仕事が増えたという話はよく耳にします。

 

スポンサーリンク

合格するためのコツ

呼吸療法認定士テキスト

テキストを熟読して理解する

講師の先生も勉強の仕方について説明していましたが試験問題はテキストから出題されるのでテキストを熟読して理解するのが1番の近道です。

 

1.血液ガスの解釈
2.呼吸機能とその検査法
3.呼吸不全の病態と管理
4.呼吸リハビリテーション
5.酸素療法
6.人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガス
7.気道確保と人工呼吸
8.NPPVとその管理法
9.開胸・開腹手術後の肺合併症
10.新生児・小児の呼吸管理
11.人工呼吸中のモニター
12.呼吸不全における全身管理

 

これだけの範囲なのでスラスラ理解できる人は少ないと思います。

職種により得意なところ、苦手なところがあると思います。

まずは軽めの理解で全体の流れを掴むこと

初めから100%を理解しようとすると勉強が進みません。

10%でも5%の理解でも良いから全体を通して読み、何回も繰り返し読みましょう。

そうすると初めは理解できなかったことが理解できるようになります。

 

ときどき問題集でポイントを確かめる

呼吸療法問題集

ときどき問題集を使って勉強すると、どこがポイントなのか分かります。

また、自分の理解度も分かります。やはり、繰り返して問題を解くことで理解が深まります。

呼吸療法アプリ

出典:楽天市場

 

最近は、アプリがあるようです。

私のときはアプリが無かったので感想を述べることができませんが、スマホで勉強できればいつでもどこでも使えるので便利ですね。

合格するためのコツが当たり前の内容で申し訳ございません。

勉強には近道がないのかも知れません。

 

また、他の認定資格に比べ呼吸療法認定士は更新が楽です。

条件が少なく助かります。

一度合格して取得すれば定年、いやそれ以上も維持することができます。

是非、頑張ってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

医療
スポンサーリンク
takayu05.comをフォローする
takayu05.com

コメント